EFRで救急法が簡単に学べ自信がつきます

救急法を習っていても、いざ緊急事態の現場で「自信が無い」「間違ったらいけない」「悪化させてしまうかもしれない」などと考え、手当てを躊躇してしまうケースがあります。エマージェンシーファーストレスポンスでは習った事がためらわず実行できる事に目的を置いています。また職場や学校など実際の現場に合わせたトレーニングを受ける事ができます。コースが終わると頭で考えなくても自然に体が動き事に驚かれるでしょう。

基礎から発展したシナリオまで設定

エマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラムは、インストラクターが教える基本的なスキルの練習に加え、実際の現場を想定したシナリオを演習した「応用」まで講習に含めています。 応用課題をこなすことによって習ったことがより強固なものになっていきます。 イザというときに可能な限りの対応ができるようにしておき、実際にベストを尽くせる能力を身につけることができます。

 インストラクターは、まず参加者の様子、動きをしっかりと見届けます。参加者が自ら動くことをとても大事にしています。

疑問が浮かんだら、その都度インストラクターに質問ができ、すぐに明確な回答を受けられるので、わからないまま講習が進むということはありません。

 
Contact Us
Primary Care (CPR)
Secondary Care (CPR)
Care for Children
AED
Instructor
Instructor Crossover
Refresher